眼の疲れ(眼精疲労、VDT症候群)

眼の疲れの原因

眼の疲れ(眼精疲労、VDT症候群)

眼の疲れである眼精疲労は、眼を酷使したことにより、眼の痛みやかすみ、眼のかわきや充血などの症状の他に、頭痛や肩こり、吐き気など身体症状が現れ、睡眠や十分な休息をとっても回復しない状態をいいます。

「眼を酷使する」をもう少し掘り下げますと、物体を見る時、特に近くを見る場合は、水晶体を膨らませる必要があり、この時に毛様体筋という筋肉を縮める必要があります。

力こぶを作る時をイメージすると分かりやすいのですが、筋肉を縮めて長時間力こぶを作っていると筋肉が疲れます。

眼も毛様体筋を長時間縮めていると力こぶ同様に筋肉疲労が起きます。

そして、視力低下があるのにも関わらず眼鏡などを使用せず作業を行っている場合、または度の合わない眼鏡を使用していたりと、眼に無理をかけている場合が殆どですが、最近ではパソコンなどの画面を見る機会が増えていることも眼精疲労の大きな要因となっています。

眼精疲労の治療については、何からくる眼精疲労であるのか原因を特定し排除することがはじめに行うことです。

VDT症候群とは

眼の疲れ(眼精疲労、VDT症候群)

VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイを長時間見続けることによって発症する疾患のことをいい、スマホの登場により最近では子供にもみられるようになりました。

「目がかわく」「目がかすむ」などが主症状ですが、慢性的な頭痛や肩こり、首や腕の痛みやシビレ、自律神経失調症、うつ症状や不安感など、全身の症状に加えて精神状態にも影響を与えていることが特徴です。

そのVDT症候群の原因は、「長時間の同一姿勢による血行不良」「まばたき不足」「ブルーライト」といわれています。

ブルーライトは、眼の酸化を促し、視神経を疲弊させるため、長時間見続けると不調になってしまうのです。

眼の疲れのケア

眼の疲れには「睡眠」と「定期的かつ適度な休息」が一番有効ですが、集中して作業を行っていると、なかなか作業と休息のコントロールできません。

ですが、眼精疲労を放置すると身体症状にも発展してしまいますので、意識的に血行不良を改善するようにしましょう。

例えば、

眼の痛みやかすみ、かわきや充血、視力低下、頭痛や肩こりなどが出現した時には、一度眼科受診することをおすすめします。

トップごあいさつ設備・検査アクセス診療内容お知らせ