虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)

飛蚊症とは

虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)

飛蚊症とは、白い壁や空を見上げた時などに自覚することが多いのですが、黒い虫やゴミが飛んでいるように見える状態のことをいいます。

多くは、生理的なもので、経過観察で様子をみることになりますが、中には重大な病気が隠れている場合もありますので、飛蚊症について少し詳しくお話をしていきましょう。

飛蚊症の原因

若い方の場合(生理的な原因)

眼球内には硝子体という透明なゼリー状のものが詰まっていますが、年齢が進むと硝子体に含まれる線維が分離し、その影が見えるようになります。

飛蚊症の正体は、硝子体の中にある線維です。

早い方ですと、20代から飛蚊症を自覚しますが、何かをきっかけに消失することはなく、いずれ飛蚊症にも慣れてしまい、日常生活に支障をきたさなくなります。

高齢者の場合(加齢によるもの、早めに対処が必要なもの)

年齢が進むと、シワができるのと同じように、目の中も加齢により硝子体がしぼんできます。

通常、硝子体と網膜はくっついていますが、しぼむことで網膜から剥がれます。

加齢により、硝子体と網膜が剥がれるのは、後部硝子体剥離といいあまり問題にはなりませんが、もともと網膜が弱い方では、網膜が引っ張られて孔(あな)が開く(網膜裂孔)場合があります。

この網膜裂孔が起きた場合には、早急に孔をふさぐ治療が必要となります。

飛蚊症を引き起こす病気

放っておけない飛蚊症を引き起こす病気は以下の通りです。

網膜裂孔・網膜剥離

画像を映し出す網膜に孔が開いたり、剥がれたりすると、視力低下が起き、そのまま放置すると失明の危険性が極めて高い病気です。

網膜裂孔や網膜剥離が起きた場合、うなずいたり、首を振る動作だけでも病状を悪化させてしまうことがありますので、この病気が疑われた時には直ちに眼科に行きましょう

硝子体出血

糖尿病や高血圧等の基礎疾患がある方や、外傷や打撲などが原因で硝子体の中が出血することがあります。

軽度の出血の場合に、飛蚊症として症状が現れる場合がありますが、急に目の前に墨のようなものが垂れ下がってきたように見えたり、日に日に飛蚊症が増えてくるようであれば、出血が続いていると思われますので、すぐに眼科受診をしましょう。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎の中には硝子体に濁りを生じることがありますので、飛蚊症を自覚する場合があります。

ぶどう膜炎の症状は、飛蚊症よりも、目の痛み・充血・視力低下・かすみを伴う方が多いです。

トップごあいさつ設備・検査アクセス診療内容お知らせ