加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の一部(黄斑部)が変性し、見えにくくなるという病気です。

網膜は画像を映し出すスクリーンの役目を果たしていますが、そのスクリーンが歪んだり黄ばんだりすると、画像がきれいに写し出されません。

特に黄斑は網膜の中心部に位置しているため、見えにくくなったり、一番見たい所が見えなかったり、進行すると色覚異常も出現します。

網膜剥離・緑内障と並び、失明を引き起こす病気の一つです。

加齢黄斑変性の原因

加齢により、さまざまな機能が低下していくことは目も同じで、老廃物が蓄積されることで網膜黄斑部にもダメージを与えています。

加齢黄斑変性には、大きくわけて「萎縮型」と「滲出型」に大きく分けられます。

萎縮型加齢黄斑変性

文字通り、網膜色素上皮が徐々に委縮し、網膜が障害され視力低下が進みます。

滲出型加齢黄斑変性

異常な血管(脈絡膜新生血管)が侵入してきて、網膜を障害する病気です。

この新生血管は、正常な血管とは異なり、血液成分が漏出したり、血管が破れるなどの特徴があり、網膜が正常に働きにくくなるため、障害が起きやすくなります。

加齢黄斑変性の治療

萎縮性加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

老化に伴うものなので、現在のところ治療方法はありませんが、老化を進めるといわれる「タバコをやめる」、老化を抑える「ビタミン、ミネラルなどを意識して摂る」「バランスのとれた食事を摂る」など、できることをしてみましょう。

滲出性加齢黄斑変性

新生血管が原因であることが分かっていますので、新生血管の拡大を抑えることが必要です。

新生血管を抑える治療としては、目に直接注射をする方法やレーザー治療により血管の拡大を抑える方法があります。

視力低下は加齢とともに自覚する方が多いのですが、「歳のせい」と一言で片付けずに一度眼科医の診察を受けてみましょう。

トップごあいさつ設備・検査アクセス診療内容お知らせ